ゆとりっぷ

アラサーのOLが旅行・美容・マタニティライフについて書くブログ


SPONSOR LINK

アンコール・ワットで朝日をみてきました!【チケットの購入方法など】






こんにちは、ゆとりです!

最近個人的に色々ありまして、更新&ブログ巡りが滞っておりました。
今日からまた復活したいと思いますので、どうぞ宜しくお願いいたします☆

さて、今日はアンコール・ワットで朝日をみた話を書きたいと思います。
(雨季だったけどその日だけめちゃくちゃ晴れました!)


アンコール・ワットの朝日は超おすすめ!


アンコール・ワットで朝日をみる!というかねてからの目標をついに叶えてきました!

過去記事↓

www.youtrip.tokyo


朝起きるの辛い・・と思いますが、ぜひシェムリアップに行ったらアンコールワットで朝日を眺めてください。
夕焼けも美しいと思いますが、朝日の方が空気が澄んでいて綺麗・・・なような気がします個人的に。
(あくまで個人的に)

交通手段はトゥクトゥク(ツアー)


パブストリート近くのホテルに泊まったので、アンコールワットまではトゥクトゥクで行きました。
前日に、そこらへんの運転手と交渉しようかなーと思っていたのですが、ホテルのレセプションで聞いてみたら
「ツアーあるよ!」という事だったので、そちらでお願いしてみました。

ちなみにツアーといっても他の人と一緒に行くとかそんな大げさなものではなく、ただコースと料金が決まったプランがあるというだけでした。
スモールツアーとビッグツアーの二つがあり、私達はスモールツアーにしました。
(スモールツアーでも普通に見れば6時間くらいかかると言われた。ビッグツアーどんだけやねん笑)

料金表はこちら。車もありました。



私たちはトゥクトゥクのスモールツアーだったので、15ドルでした^^

<スモールツアーで訪れた場所>
・アンコールワット
・タプローム
・アンコールトム
・あとその途中にある細かい遺跡(忘れた)


ビッグツアーはもっとたくさん遺跡を回るプラン(曖昧ですみません)
丸1日遺跡巡りしたい!っていう人はビッグツアーのがいいかもしれません。
私たちは諸事情で早めに切り上げる必要があったため、スモールツアーにしました。
が、名所は回れたので十分でした!!

チケット購入方法と値段


アンコールワットのチケット売り場、アンコールワットから結構遠かった!
(トゥクトゥクで10分以上は離れてたと思う)

まずチケット売り場に連れて行かれ、そこでチケットを買ってくるよう運転手さんに言われます。
中に入るとこんな感じで窓口がたくさんあります。



チケットの種類で並ぶ窓口が違うので要注意!
私たちは1日チケット(37ドル)だったのでこちらの窓口へ。



欧米の方は結構3日チケット買ってる人が多かったです。格好もガチトレッキングな感じで。

ちなみにチケットを買う時は写真撮影があります!
お金払って写真撮影して、割とすぐ自分の写真が入ったチケット(紙)がもらえますw
(恥ずかしいので載せませんが)
このチケットはアンコールワットやアンコールトム・タプロームその他諸々の遺跡群に入るための共通チケットでして、各遺跡の入り口でチェックしてる人がいるので見せるだけでOKです。

チケットをもらったら外で待っているトゥクトゥクのおっさんと合流して、いざアンコールワットへ!

やっぱり最高に綺麗!


あの有名な池のある場所までは少し歩きます。
道しるべみたいなのはありませんが、みーーんな行くので流れに沿っていけばOK。
池に着いた時点でこんな感じ。




これが少しずつ明るくなって・・・










最終的にはこんな感じ!





雨季だったのでかなーり心配でしたが、幸運なことにこの日だけめちゃくちゃ晴れました。
(もってるぅ〜〜〜!)
日の出直前の空の色がめちゃくちゃ綺麗でした。やっぱり行ってよかった〜〜





ひったくりが多いからと思って、ちゃんとカメラを持って行かなかったのを後悔・・
(実際は全然そんな場面には遭遇しませんでした。)
これから行く方は、ぜひカメラを持って行ってくださいね〜〜〜;;
ちなみに朝日が昇った時点で池のところはこんだけの人ww



まとめ


念願だったアンコールワットに行けてとっても満足でした!

ゆとり的には

・スモールツアーおすすめ(楽)
・カメラは必須
・靴で行くべし(歩く)
・水分と軽食を持って行こう


というところです。

あっ、ちなみにトイレはアンコールワットに入る前のお店(軽食&お土産屋さん)のトイレが綺麗でした。有料です。

以上、初☆アンコールワットに行ってきたゆとりのレポートでした!