ゆとりっぷ

アラサーのOLが旅行・美容・マタニティライフについて書くブログ


SPONSOR LINK

1990年生まれの私が風疹の抗体検査をした結果





こんにちは、ゆとりです。
最近ニュースで話題になっている風疹。
こんなに流行るまでは風疹がなんなのか、私もよくわかっていませんでした^^;
そして先日、風疹の抗体検査&検査結果が出たので実体験をふまえて風疹について書いてみたいと思います。


風疹とは?


そもそも風疹ってなんなの?というところですが、簡単にいえば発疹を伴うウイルス性の感染症です。
初期症状は風邪に似ていて、風疹自体はそれほど重篤な病気というわけではなく3〜4日で治るそうです。
(三日麻疹とも言われていますね。)

感染してからのウイルス潜伏期間は2週間ほど。
また、感染しても症状が出ない人もいるそうですが、そんな人は知らず知らずのうちに他の方に移している可能性が高いですね。怖いです。

風疹が騒がれている理由


ではなぜ今風疹の流行が騒がれているか?
重症化しないならそんなに騒がなくてもいいじゃん!と思いますが、一部の人たちにはとっても危険な感染症なのです。

妊娠初期の女性が罹患すると胎児に影響する


その一部の人たちというのは、妊婦さんです。
特に安定期前の妊娠初期〜中期の女性が罹患すると、胎児に障害が残る先天性風疹症候群になってしまう可能性があります。
中でも多いと言われているのが、難聴・心疾患・白内障などなど。もちろんその他様々な障害を残してしまう場合があります。

妊娠初期というのは、お腹の中で胎児の各器官が作られているとっても大切な時期です。
その時期に母体を通して風疹ウイルスに感染してしまうと、器官の発達に影響が出てしまうということ。

妊娠20週以降であれば胎児に障害が残ることはほぼないと言われてはいますが、何があるかわかりませんので罹らないに越したことはないですね。

30代〜50代の男性が危ない


さんざんニュースでも騒がれていますが、30代〜50代の男性の感染が特に多いということです。
この世代は予防接種が1回のみ・そもそも予防接種をしていないという世代なんだそうです。

風疹は一時期ほぼ流行がなくなったため、一時期は予防接種の制度がなくなってしまったと。
また、30代〜50代といえば働き盛りですから、多少の症状があっても風邪と勘違いしてそのまま出勤⇨感染拡大という構図になってしまっているようです。

感染経路と感染力


風疹の感染は飛沫感染です。
空気感染ではないのが救いですが、その感染力はインフルエンザより強いと^^;
(風疹の免疫がない集団で一人が感染すると、そこから5〜7人に移るくらいの感染力だそうです。)
例えば感染者がマスクをしないでくしゃみをしたとすると、2m以内にいる人には感染してしまう可能性が高いそうです。
(空気中に浮遊した飛沫を吸い込んだりしてしまうため)

また、飛沫感染なのでマスク手洗いうがいは必須。
ウイルスが付着した手で目や鼻・口を触っても感染する可能性があるそうです。(まあ粘膜ですもんね)

1990年生まれの私の抗体値


風疹の抗体値は8倍未満・8倍・16倍・32倍〜と8の倍数で表されます。(HI法)
現在は16倍以下だと抗体が不十分で、予防接種を受けなければ罹患する確率が高いそうです。

1990年4月1日以降に生まれた世代は、予防接種を2回受けている(はず)ですが、罹患ではなく予防接種だと抗体が弱まってしまうとか…。
実際、私は1990年4月1日以降に生まれていますが、先日の検査では抗体値が16倍でした。
(お医者様曰く、免疫が減っているので風疹にかかる可能性はあるとのこと)
妊娠中は風疹の予防接種が受けられないので、もし妊娠中で抗体が低い方は20週まで極力外出しないことがオススメです。
(と言っても仕事してたら中々難しいのが現実ですが…)

また、予防接種をしても免疫が付きづらい人もいるそうです。妊娠を考えている女性とその家族は必ず抗体検査&予防接種をしましょう。

予防接種している世代も油断は禁物


先ほども書きましたが、予防接種をしていても抗体が弱まってくる&免疫が付きづらい人もいるので要注意です。
免疫が付きづらい人は手洗いうがいや人混みを避けるなどの方法しかありませんが、抗体が弱まっている人はぜひもう一度予防接種を受けましょう。

「自分は予防接種してるから大丈夫」と思い込むのは禁物です。病院で抗体検査をしてみるまではわかりませんので。

最後に


私も抗体値が低いため、現在は極力外出をしないようにしています。
が、仕事は行かないといけませんので、通勤時は必ずマスク&咳をしている人の近くには絶対に寄らないようにしています。
休日は今までショッピングセンターや繁華街に繰り出していましたが、今は人が少ない公園に行くか家に引きこもっています^^;
(買い物も平日は旦那さん任せ)

少子化とは言われていますが、街をよく見れば妊婦さんって結構います。(当たり前か)

風疹の抗体があるかわからない方は、ぜひ一度病院に行って予防接種を受けてください。
(自治体によっては補助を出しているところもあるそうです)

以上、妊娠なうのゆとりから風疹についてでした!お読みいただきありがとうございます!